海の森化粧品


肌力(自然治癒力)を重視したスキンケア・ヘアケア

トラブル解消のポイント「皮膚バリアを維持する」

トラブルが解消するかしないかは、皮膚バリアが維持されるかどうかでほとんど 決まります。
皮膚バリアを維持するのは肌力で、海の森化粧品は、この肌力が機 能する環境をサポートすることで、トラブルのない肌・毛髪(頭皮)を目指します。

-One Point-

接触性皮膚炎(湿疹・カブレ)

  • 特定の物質や成分が触れることで起きる
  • 皮膚バリアの低下によって、ちょっとした刺激に弱くなっている

対応

  • 原因となる物質や成分を肌に触れさせない
  • バリアケアで皮膚バリアを修復・強化し、刺激に強い肌にする

そばかす

  • 遺伝が大きな原因
  • 紫外線は悪化の大きな原因

対応

  • バリアケアで、紫外線を防御する(消すことは難しい)

肝班

  • 女性ホルモンの乱れが主な原因
  • 紫外線、乾燥、ストレス、摩擦は悪化の原因

対応

  • バリアケアで乾燥や紫外線から肌を守り、できるだけ悪化させないようにする(消える、薄くするのは難しい)
  • トラネキサム酸(内服薬)が一般的
  • ハイドロキノン、トレチノイン(ビタミン A 誘導体)は、濃度が高くなると刺激症状を起こす頻度が高くなる
  • ケミカルピーリングはやりすぎると、皮膚バリアが壊れ肝斑の悪化につながる

産後のシミ

  • 女性ホルモンの乱れが主な原因
  • プロゲステロンの分泌増加により、①メラノサイトが刺激されやすくなる②ターンオーバーが遅くなる。エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌減少により、③皮膚バリアが壊れる。結果、メラニン色素が皮膚内部に蓄積しシミができやすくなる。

対応

  • ホルモンバランスが整うと、自然に消えていくことが多い
  • スキンケアでは、バリアケアで紫外線などの刺激から肌を守り、メラニン色素を増加させないことがポイント
  • バリアを壊さないために、クレンジング・洗顔剤、乳液・クリーム、美容液、オイル、パック、日焼け止めなどの使用を控えることも重要(配合の合成界面活性剤やアルコールが皮膚バリアを壊す)

キメ

  • ターンオーバーが早くなる/遅くなることで、角質層が不揃いになっている

対応

  • バリアケアでターンオーバーがスムーズに機能する環境を整える
  • ターンオーバーを早めない/遅くしないために、クレンジング・洗顔剤、乳液・クリーム、美容液、オイル、パックなどの化粧品の使用を控える(合成界面活性剤やアルコール、多量の油分がターンオーバーを早める/遅くする)

化粧のノリ

  • キメが荒くなっていることが要因

対応

  • 「キメ」を参照

クマ

  1. 青クマ「目の下が青黒く見えるクマ」
    原因:血行不良・皮膚が薄くなる

    対応

    • 血行促進
    • バリアケアで、皮膚が薄くならないようにする
    • 皮膚を薄くする原因、クレンジング・洗顔剤、乳液・クリーム、美容液、オイル、パックなどの使用を控える(配合の合成 界面活性剤やアルコール、フタをする油分が皮膚バリアを壊したり、肌力を低下させる)
  2. 黒クマ「目の下にくぼみができ、その影がクマのように見える」
    原因:皮膚のたるみ
    対応
    表情筋肉トレーニング(表情筋や眼輪筋を鍛える)
  3. 茶クマ「目の下が茶色くくすんで見えるクマ」
    原因:色素(メラニン)沈着
    対応
    バリアケアで、紫外線を防御する(メラニンが蓄積しにくい皮膚環境づくり)

肌の調子

  • 生活習慣・ホルモンバランス・バリアを壊すスキンケアが大きな原因

対応

  • スキンケアでは、壊れた皮膚バリアを修復するバリアケアがポイント
  • バリアを壊さない/肌力を低下させないために、クレンジング・洗顔剤、乳液・クリーム、美容液、オイル、パックなどの使 用を控える(配合の合成界面活性剤やアルコール、フタをする油分が皮膚バリアを壊したり、肌力を低下させる)

日焼け後の皮むけ

  • 紫外線(UV-B)を多く浴び、特に日焼け後赤くなりやすい人(色白)に起きる(日本人の17-18%)
  • 紫外線によりサンバーン(角質バリアが壊れ火傷のように赤くなる)が起こり、ターンオーバーが乱れることが原因

対応

  • 日焼け後は患部を冷やす
  • 皮は剥かない(剥くとターンオーバーが乱れる)
  • 角質バリア修復ケアで皮膚環境を整え、ターンオーバーがスムーズになることで、自然に皮むけが剥がれるのを待つ
  • 角質バリアを壊す原因、合成界面活性剤やアルコール配合の商品(クレンジング・洗顔剤、乳液・クリーム、美容液、パックなど)の使用を極力控える

髪の広がり・うねり

  • キューティクルが開いたり、剥がれることで、①髪の毛が空気中の水分を過剰に吸っている②毛髪内部の水分が少なく(乾燥し)、水分の分布が偏っている

対応

  • キューティクルが開かない・剥がれないように、シャンプー、トリートメント、ヘアオイルなどの使用を控える(配合の合成界面活性剤・アルコールによって開く・剥がれる)
  • キューティクルを剥がさないために、整髪剤、パーマ、カラーリング/白髪 染め、過度のブラッシング、ドライヤーの使用を控える(アルカリ剤、物理的刺激によって剥がれる)
  • これから生えてくる髪の毛が、キューティクルが備わるよう、特に頭皮バリアケアする

くせ毛

  • 遺伝や頭皮バリアを壊す日頃のヘアケアによって、毛根や毛穴の形が歪んでいることが大きな原因
  • 縮毛矯正などで一時的に直毛にすることは可能。ただ、遺伝によるくせ毛を永久的に直毛にするのは難しい

対応

  • 頭皮バリアを壊す日頃のヘアケアが原因のくせ毛は、対応可能
  •     

  • 悪化させないために、シャンプー、トリートメント、コンディショナー、育毛剤などの使用を控える(配合の合成界面活 性剤やアルコールが頭皮バリアを壊す)
  • バリアケアで、頭皮バリアを修復・維持する

  • 海森水
    化粧水

    海森水化粧水

    ショップ海の森で購入する

  • 森海混
    ヘアローション

    森海混ヘアローション

    ショップ海の森で購入する

  • 髭水
    アフターシェーブローション

    髭水アフターシェーブローション

    ショップ海の森で購入する